産業廃棄物の処理で注目されている廃油のリサイクル

男性

資源として活用

作業員

産廃処理をする際にガレキ選別を行なう場合は、資源として再利用することを念頭に置かなければなりません。破砕機の導入でガレキの種類を分けることができますし、再利用しやすく加工してくれるから便利です。

詳細を読む

再生重油に変換

工場

重工業の分野では切っても切り離せないのが、廃油の問題。廃油は製造の段階で使用することで廃棄されることが多いですが、その種類は鉱物性油や潤滑油、洗浄油などさまざまなものに分かれています。これらをそのまま垂れ流して処分してしまうと、土壌を汚染し大きな環境問題に発展する恐れがあります。また、生活用水に廃油が達してしまうと、公害病を引き起こすきっかけにもなるので、適正な処理が求められるのです。
廃油の処分をするには、まず、産業廃棄物で定められている処理方法の確認が必要です。特に油は引火の恐れがあることも考慮すると、安易に処理ができないのは間違いありません。ですから、安全かつ適正な方法を取り入れることが第一なのです。

廃油の処理に関しては、無害化して処分するだけではなく、再資源化の動きも活発にあります。油は貴重なエネルギーとして使えるものであり、あらゆる原料になっているものです。例えば、再生潤滑油としての活用や石鹸・ろうそくの製造にも用いられているので、使える場面が多いわけです。そう考えると、捨てることだけに囚われるのではなく、できる限りリサイクルできる方法を採択することが必要でしょう。このあたりは、法人向けのリサイクルサービスや産廃処理専門業者に相談をした上で進めていけば、間違いありません。誤った処理方法で、地球資源や人間を危険な目に晒すのではなく、先々のことを考えた事業活動を選んでいくことを目指しましょう。

正しい選別

男性

コンクリートくずやアスファルトくず、ガラ陶などが混ざる廃棄物は、ガレキ選別をした上で廃棄物処理をしないといけません。ここは、環境戦略に特化した専門業者に相談をし、適切な産業廃棄物の処理方法を実践していきましょう。

詳細を読む

正しい処分

工場

処理が難しい産業廃棄物は、許可を受けている廃棄物処理のプロに任せるのが一番です。誤った処分をしたり無許可の業者に依頼をしたりすると、罰則の対象になるので注意しましょう。

詳細を読む